競馬!競輪!競艇!ギャンブル小ネタブログ 競の出来事


最新記事

【競輪】白井美早子選手が復帰してから初めての勝利

本日の静岡競輪5Rは4番白井美早子選手が逃げて1着になりました。
白井選手はこれが長期欠場から復帰してから初めての勝利となりました。

先月13日の小倉競輪で約8ヶ月ぶりに実戦復帰した白井美早子選手がついに快走を見せました。

この日シリーズの最終日を迎えた静岡競輪(FI)「古代建設杯」の5RA級一般に白井美早子選手は4番車で登場しました。
レースはジャンがなっても誰も仕掛けないスローな展開。
これを最後方から冷静に見ていた4番白井美早子選手は残り1周のホームからドカンと踏んで単騎ガマシ。
2番手以降を大きく引き離して先行しました。
後続勢が徐々にその差を縮めますが4番白井美早子選手も脅威の粘り。
最後は5番中野咲選手の猛追を3/4車輪凌いで、逃げた4番白井美早子選手が1着でゴールしました。

勝った白井美早子選手は昨年6月の伊東温泉競輪以来の勝利。
復帰してからは初めての勝利となりました。
2017/04/18 (Tue) 21:28:38 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競馬】新人騎手が「シンシン」に騎乗し初勝利

本日の大井競馬3Rは新人騎手の藤田凌騎手騎乗の8番シンシンが逃げて1着になりました。
鞍上の藤田騎手はこれがデビュー初勝利となりました。

昨日17日にデビューしたばかりの新人騎手の藤田凌騎手が新シンシンしました。

ダートの1200m戦で争われたこの日の大井競馬3Rは出馬表通りの14頭が出走。
藤田凌騎手騎乗の8番シンシンは単勝1番人気に支持されました。
レースはその8番シンシンががハナを切って先行。
ゴール前で同4番人気で櫻井光輔騎手騎乗の9番マルヨアマテルに詰め寄られましたが、そのまま逃げって1着でゴールしました。
鞍上の藤田凌騎手はデビュー2日目にして初勝利。
新人騎手がシンシンで結果を出しました。
2017/04/18 (Tue) 21:17:52 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競艇】フライング休みの日高逸子選手ブログを毎日更新か

今日からフライング休みに入った56期の日高逸子選手がブログを毎日更新するかもしられないことがわかりました。
日高選手が本日更新した自身のブログで伝えています。

2月17日の福岡競艇でフライングを切り4月17日から5月16日まで30日間のフライング休みとなった日高逸子選手は、本日17日の夕方17時27分にブログを更新。
「携帯電話紛失!」のタイトルで投稿されたそのエントリーで「今日から フライング休みに突入したので毎日 真面目にブログ更新するつもりでしたが・・・」とフライング休み期間中ブログを毎日更新する予定だったことを報告。
タイトルの通り携帯電話を紛失してしまったため「 だから 帰りの写真が 載せられない」と残念な心境を吐露しましたが、初日は見事に更新を果たしました。
明日には紛失した携帯電話が手元に届くということですので、これからが楽しみです。
2017/04/17 (Mon) 21:25:38 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競輪】高松美代子選手が選手登録削除

ガールズケイリン最年長で先日一部スポーツ紙などで引退が報じられた高松美代子選手が選手登録を削除しました。
登録削除日は2017年4月13日付。
これで正式に引退となりました。

2017年3月26日の千葉競輪(FI)「報知新聞社杯争奪戦」最終日5RA級一般で5着に敗れたのが最後のレースになりました。
通算成績は323戦3勝。優勝は0回でした。

高松美代子選手は2012年7月1日に平塚競輪場でデビュー。
同年12月の高松競輪で初勝利を上げました。
現役生活約4年9ヶ月で優勝こそ1度もありませんでしたが、ガールズケイリン1期生そして最年長として復活した女子競輪界を盛り上げる一躍を担いました。
2017/04/14 (Fri) 20:57:46 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競輪】千葉競輪10R追走義務違反で8選手失格

本日の千葉競輪10Rで追走義務違反により8選手が失格になりました。

4月12日に開幕しこの日シリーズの最終日を迎えた千葉競輪(FII)。
最後の最後で予想だにしない結末が待っていました。

今シリーズ最後の戦いとなった10RはA級1・2班戦の決勝戦。
出走表通りの9選手が出走して争われました。
レースは単騎での戦いとなった9番佐々木省司選手がジャンから前に出ました。
後方の選手が牽制しあう中、徐々にリードを広げると、赤板周回4コーナー付近から腹を決めて単騎逃げ。
一人旅となった9番佐々木省司選手に残り8選手は結局最後まで追いつけず。
9番佐々木省司選手が逃げて1着となりました。
残り8選手も離されてゴールラインを通過したもののレースは審議。
この結果、1番和泉田喜一選手、2番太田真一選手、3番菅谷隆司選手、4番伊藤慶太郎選手、5番萩谷直正選手、6番田口裕一選手、7番恩田淳平選手、8番高橋広大選手の8選手が追走義務違反により失格となりました。
2017/04/14 (Fri) 20:10:56 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top
前ページ | ホーム | 次ページ
スポンサード リンク