競馬!競輪!競艇!ギャンブル小ネタブログ 競の出来事


最新記事

カテゴリー:競輪

【競輪】パーキンス選手2017年初戦1着

いわき平競輪で開催される(FI)「サンケイスポーツ杯」は本日シリーズの初日を迎えました。
10RではS級予選が行われオーストラリアのシェーン・パーキンス選手が登場しました。
パーキンス選手にとって2017年最初のレースは1着でした。

5月29日から31日まで3日間のナイター競走で争われる(FI)「サンケイスポーツ杯」。
初日からパーキンス選手が力の違いを見せつけました。

S級の予選競走となった同レースは出走表通りの9選手が出走。
昨年の来日で圧倒的な強さを見せたシェーン・パーキンス選手が5番車で登場しました。
レースは中四国ラインの先頭を任された1番掛水泰範選手が赤板周回1コーナー付近から前に出てそのまま先行。
中団の外側での追走となった5番パーキンス選手は最終周回2コーナー付近から発進。
次元の違うスピードでぐんぐん前を行く選手を外から追い抜くと3コーナー付近で早くも先頭に立ちました。
後は後続をまったく寄せ付けず7車身差の圧勝。
2017年最初のレースを勝利で飾り、今年も活躍を期待させる走りを見せました。
2017/05/29 (Mon) 20:14:41 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競輪】内村舞織選手がTwitterに新しいアカウントを開設

今年7月にデビューする予定の112期の内村舞織選手がTwitterに新しいアカウントを開設したようです。

内村 舞織@YMK100220
https://twitter.com/YMK100220

新しいアカウントは本日2017年5月16日13時36分に開設。
現在確認できる最初のつぶやきは2017年5月16日14時49分に投稿されています。
そのツイートで「前のアカウントがのっとられていたみたいなのでこちらに変更しました。」とアカウントを新しくした理由を説明しています。
開設から数時間しか経っていませんがすでに200人以上のユーザーにフォローされています。
2017/05/16 (Tue) 21:34:43 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競輪】田中麻衣美選手が通算2勝目

本日の玉野競輪1Rは5番車で出走した田中麻衣美選手が1着になりました。
田中選手はこれが通算2勝目となりました。

この日シリーズの最終日を迎えた玉野競輪(FII)「 ミッドナイト競輪競ステ杯」。
前半の1RA級ガールズ一般でまいみんが久しぶりに快走を見せました。

昨日までの予選で敗れ決勝に勝ち上がれなかった選手による戦いとなった同レースは出走表通りの7選手が出走。
田中麻衣美選手は5番車で登場しました。

レースはジャン過ぎから2番三宅玲奈選手が前に出てそのまま先行。
5番田中麻衣美選手は後方6番手で脚をためると、最終周回3コーナー付近から徐々にポジションアップ。
4コーナー手前で外に出ると、最後の直線で強襲。
外からグイっと伸びて1着でゴールしました。

勝った田中麻衣美選手は2013年4月21日の平塚競輪で1着になって以来、約4年ぶりの勝利で通算2勝目となりました。
2017/04/30 (Sun) 22:54:14 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競輪】深谷知広選手ジャン前から踏み続けて逃げて1着になる

本日の函館競輪11Rは1番車で出走した深谷知広選手が逃げて1着になりました。
ジャン前から踏み続けての勝利でした。

ナイター競走で開催されこの日シリーズの初日を迎えた函館競輪(FI)「スポーツ報知藤巻兄弟杯争奪戦」。
11RS級初日特選で深谷知広選手が圧巻の走りを見せました。

この日最後の戦いとなった同レースは出走表通りの9選手が出走。
中部ライン3車の先頭を任された深谷知広選手は1番車で登場しました。
レースは山陽ラインが残り2周から動いて前に出ました。
1番深谷知広選手は一旦7番手まで下げましたが、赤板周回バックから一気に踏み込んで先手を取りに行きました。
番手の4番山内卓也選手が千切れて単騎となりましたが、残り1周のホームで3番河端朋之選手を抑えて先頭に。
援護がなくなり1番深谷知広選手にとっては厳しい展開となりましたが、最後まで粘りに粘ってそのまま1着でゴール。
1周半以上踏み続けて逃げ切って勝利を上げました。
2017/04/24 (Mon) 21:09:28 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競輪】白井美早子選手が復帰してから初めての勝利

本日の静岡競輪5Rは4番白井美早子選手が逃げて1着になりました。
白井選手はこれが長期欠場から復帰してから初めての勝利となりました。

先月13日の小倉競輪で約8ヶ月ぶりに実戦復帰した白井美早子選手がついに快走を見せました。

この日シリーズの最終日を迎えた静岡競輪(FI)「古代建設杯」の5RA級一般に白井美早子選手は4番車で登場しました。
レースはジャンがなっても誰も仕掛けないスローな展開。
これを最後方から冷静に見ていた4番白井美早子選手は残り1周のホームからドカンと踏んで単騎ガマシ。
2番手以降を大きく引き離して先行しました。
後続勢が徐々にその差を縮めますが4番白井美早子選手も脅威の粘り。
最後は5番中野咲選手の猛追を3/4車輪凌いで、逃げた4番白井美早子選手が1着でゴールしました。

勝った白井美早子選手は昨年6月の伊東温泉競輪以来の勝利。
復帰してからは初めての勝利となりました。
2017/04/18 (Tue) 21:28:38 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top
前ページ | ホーム | 次ページ
スポンサード リンク