【競艇】関野文選手が初めて1コースから進入

本日の尼崎競艇5Rで1号艇で出走した関野文選手が1コースから進入しました。
関野選手がレースで1コースから進入するのはこれがデビュー以来初めて。

8月18日に開幕しこの日シリーズの4日目を迎えた尼崎競艇「GIIIオールレディース競走」。
前半の5Rで118期の関野文選手が初体験に臨みました。

予選競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
昨日3日目まで3着1本、5着3本の成績を残していた関野文選手は1号艇で登場しました。

まずはスタート展示。
1号艇関野文選手はピットアウトでやや遅れたものの艇番通りの1コースを奪取。
120m付近から艇を起こし.23のタイミングでスタートしました。
そして迎えた本番レース。
今度はしっかりとピットアウトを決めた1号艇関野文選手は艇番通りの1コースを奪取。
スタート展示よりやや深いポジションから艇を起こしてスタートしました。
タイミングは出走した6艇中最も遅い.31。
1周1マークで2コース進入の2号艇池田明美選手にあえなく捲くられバックで最後方。
そのまま最下位の6着に敗れました。

2016年5月3日に地元の住之江競艇場でデビューしてから約1年3ヶ月。
関野文選手の初めてのイン戦は残念な結果に終わりました。
2017/08/21 (Mon) 13:09:31 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競艇】小城千奈選手の選手個人ページが削除される | ホーム | 【競艇】金光佑治選手が2日連続3着
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |