【競艇】捲くられた桐生順平選手が捲くりで1着

本日の丸亀競艇7Rは2号艇で出走した桐生順平選手が1周1マークで捲くられながら同じ1周1マークで捲くり返して1着となりました。

ナイター競走で開催されこの日シリーズの初日を迎えた丸亀競艇「大阪スポーツカップ」。
中盤の7Rで桐生順平選手が必殺技を繰り出しました。

予選競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
桐生順平選手は2号艇で登場しました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
5コースダッシュからの戦いとなった5号艇矢崎誠一選手が.09のトップタイミングでスタートし、1周1マークで内の4艇を一気に捲くって攻めました。
これでレースは早くも決まったかと思われましたが、一人だけ次元の違う男がいました。
スロー2コースからの戦いとなった2号艇桐生順平選手。
一旦は5号艇矢崎誠一選手に捲くられ先行を許しましたが、すぐさま外から全速で捲くり返しました。
これが見事に決まりバックでは6~7艇身抜け出して単独先頭に。
そしてそのまま1着でゴールしました。

昨年末の賞金王決定戦のファイナルに出場した桐生順平選手が捲くられ捲くりでレベルの違いを見せ付けました。
2017/02/21 (Tue) 20:51:46 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競艇】渡邉翼選手が結婚後初めてのレースで1着 | ホーム | 【競艇】矢野真梨菜選手が結婚報道後初めてレースに出走
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |