【競艇】唐津競艇12R引退レースが優勝戦の西和則選手6着

11月17日に開幕した唐津競艇「BPみやき開設4周年記念」は本日シリーズの最終日を迎えました。
今節をもって現役を引退する40期の西和則選手が優出を果たし注目を集めた12R優勝戦は、1号艇大神康司選手が1コースからの抜きで1着となりました。
このレースが引退レースとなった西和則選手は最下位の6着に敗れました。

着順枠番選手名決まり手
1着1大神康司抜き
2着5林祐介
3着4野添貴裕
4着2中尾誠
5着6重富伸也
6着3西和則


西和則選手のラストランに最高の舞台が用意されました。

11月17日から21日まで5日間シリーズで争われた唐津競艇「BPみやき開設4周年記念」に初日から出場していた西和則選手は、3日目までの予選を1着2本、2着2本の好成績で突破。
昨日4日目の準優勝戦でも抜きで1着となり優出を決めました。

迎えた本日の優勝戦では艇番通りの3コースから進入。
.19のタイミングでスタートし1周1マークで差しを狙いますが、入らずバックで最後方に置かれました。
そこから追い上げられずそのまま6着でゴールしました。

現役最後のレースが優勝戦となった西和則選手。
有終の美は飾れませんでしたが、記憶に残る一戦となりました。
2013/11/21 (Thu) 20:40:25 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
【競輪】岐阜競輪5R伊代野貴照選手が通算10回目の優勝 | ホーム | 【競艇】津競艇9R1周バック5番手の桐生順平選手1着
コメント

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |