競馬!競輪!競艇!ギャンブル小ネタブログ 競の出来事


最新記事

2017年07月の記事

【競艇】戸田競艇8R三連単31万舟

本日の戸田競艇8Rで3連単の配当が31万舟になりました。

この日開幕した戸田競艇「アサヒスーパードライカップ」。
後半の8Rで高配当が飛び出しました。

予選競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走して争われました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
大外6コースからの戦いとなった6号艇三浦裕貴選手は.21のタイミングでスタートし1周1マークで捲くり差してバックで1艇身抜け出しそのまま1着でゴールしました。
2着には道中の競り合いを制した4号艇沖本健二選手、3着には1号艇竹村祥司選手が入りました。

この結果3連単の6-4-1は318,270円の高額払い戻しとなりました。
全120通り中119番人気の組み合わせでした。
2017/07/28 (Fri) 21:13:00 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競艇】唐津競艇4R単勝2万舟

本日の唐津競艇4Rは5号艇で出走した松下潤選手が1着となり単勝の配当が2万舟になりました。

この日開幕した唐津競艇「オラレ呼子開設11周年記念」。
前半の4Rで夏の暑さも吹っ飛びそうなビッグな配当が待っていました。

予選競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走。
松下潤選手は5号艇で登場しました。
レースはスタート展示で2コース進入だった2号艇土井祥伍選手がピットアウトで立ち遅れて外に出され、134/562の3対3の隊形で進入。
カド4コースからの戦いとなった5号艇松下潤選手は6艇中最も遅い.25のタイミングでスタートしましたが1周1マークで差してバックで4艇並走の先頭争いの最内となりました。
2周1マークで振り切って単独先頭に立った5号艇松下潤選手はそこからトップを独走。
そのまま1着でゴールしました。

勝った5号艇松下潤選手の単勝は20,250円の高配当となりました。
2017/07/26 (Wed) 20:51:08 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競馬】高田潤騎手がスクラッチくじで2等を当てる

JRAの高田潤騎手がスクラッチくじで2等を当てたことがわかりました。
高田騎手が本日更新した自身のTwitterで伝えています。

怪我のため1ヶ月ほど実戦から遠ざかっている高田潤騎手は本日7月24日の21時8分にTwitterを更新。
5日ぶりの投稿となったそのツイートで「運だめしに10枚スクラッチくじ買ってみたら、、、当たりました…( ̄▽ ̄;)」とスクラッチくじを買い当たったことをファンに報告しました。
一緒に投稿された画像には9箇所のうち8箇所にウルトラマンの絵柄が出た「第2540回近畿宝くじウルトラマンスクラッチ」が。
なんと2等が当たっています。
当選金は5万円!
復帰に向けて幸先の良いスタートとなりました。
2017/07/24 (Mon) 21:42:46 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競艇】江戸川競艇11R今井美亜選手と細川裕子選手が2着同着

本日の江戸川競艇11Rで1号艇で出走した今井美亜選手と6号艇で出走した細川裕子選手が同着の2着となりました。

昨日7月18日に開幕しこの日シリーズの2日目を迎えた江戸川競艇「ヴィーナスシリーズ JINROカップ」。
後半の11Rは熾烈な2着争いとなりました。

予選特選となった同レースは出走表通りの6艇が出走して争われました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
4コースカドから.14の好スタートを決めた4号艇勝又桜選手が1周1マークで捲くってバックで1艇身抜け出しました。
続く1周2マークでリードを広げた4号艇勝又桜選手はトップを独走状態となりました。
焦点は2着争い。
途中はまでは6号艇細川裕子選手が単独で航走していましたが、1周バックで最後方だった1号艇今井美亜選手が徐々にジャンプアップ。
3番手まで浮上すると最終ターンマークで渾身の差し。
これが見事に入り2番手を航走している6号艇細川裕子選手に内からぴったり並走となりました。
ほぼ同体でゴールした結果、2艇が2着で到着となりました。
2017/07/19 (Wed) 21:25:56 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競艇】三国競艇3R完走1艇だけ

本日の三国競艇3Rは出走した6艇の内1艇だけしか完走できませんでした。

7月14日に開幕しこの日シリーズの4日目を迎えた三国競艇「ルーキーシリーズ第5戦 三国プリンスカップ」。
前半の3Rはサバイバルレースとなりました。

予選競走となった同レースは出走表通りの6艇が出走して争われました。
レースはコース取りに動きはなく枠なり3対3の隊形で進入。
内よりの3艇がかなり踏み込んだタイミングでスタートした結果、1コース進入の1号艇山下流心選手が.05、2コース進入の2号艇上村純一選手が.01、3コース進入の3号艇寺島吉彦選手が.01のそれぞれスリットオーバー。
いきなり3艇がフライングのため返還欠場となりました。
この時点で残ったのは3艇。
しかし波乱のレースはまだまだ終わっていませんでした。
3周1マークで2番手争いをしていた4号艇後藤隼之選手が振り込んで失速。
ここに5号艇山田晃大選手が突っ込むアクシデントが発生。
きっかけを作った4号艇後藤隼之選手が妨害のため、5号艇山田晃大選手が沈没のためそれぞれ失格となりました。

この結果、最後まで走り切った6号艇中村魁生選手だけが完走を果たしました。
2017/07/17 (Mon) 22:19:21 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次ページ
スポンサード リンク