競馬!競輪!競艇!ギャンブル小ネタブログ 競の出来事


最新記事

2013年01月の記事

【競馬】園田競馬10Rマイネマグノリア ゲートから出れず競走中止

本日の園田競馬10Rで、6番マイネマグノリアがゲートから出ることなく競走中止になりました。

1着 1番 タガノブリガデイロ
2着 4番 オメガキングコング
3着 7番 キューティガビー
-------------------------------------------
中止 6番 マイネマグノリア

平成24年度第20回の第3日となったこの日の園田競馬の10Rいなぼう特別で、6番マイネマグノリアの馬券が一瞬にして紙くずになりました。

ダートの1400m戦となった同レースで鴨宮祥行騎手を背に12頭立ての単勝7番人気に支持された6番マイネマグノリアは、何事もなくゲート入りをこなしスタートの直前まで順調に流れを進めていました。
しかし、全馬がゲートに入りまもなくゲートが開こうかとした瞬間に、急にゲートの中で暴れだし、その場に停留。
各馬がスタートしていく中、一歩も走ることなく競走中止となりました。
2013/01/31 (Thu) 21:27:58 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競艇】三国競艇12R萩原秀人選手ピット離れ遅れ→6コース進入→フライング

本日の三国競艇12Rで、ピット離れで遅れて6コース進入となった4号艇萩原秀人選手がフライングを切りました。

1着 3号艇 丸岡正典選手
2着 1号艇 松井繁選手
3着 5号艇 湯川浩司選手
4着 6号艇 吉田俊彦選手
5着 2号艇 川北浩貴選手
F 4号艇 萩原秀人選手

シリーズ2日目となった三国競艇「GI第56回近畿地区選手権」の最終12Rドリーム戦で、地元の86期の萩原秀人選手が踏んだり蹴ったりの目にあいました。

大阪の松井繁選手をはじめ近畿地区のツワモノ6選手によって争われた同レースに、地元期待の萩原秀人選手は4号艇で登場しました。
昨日の初日の1回乗りを1着で終え連勝を狙った萩原選手は、スタート展示で艇番通りの4コースから進入していましたが、本番レースではピットアウトで遅れ外に出て大外6コースからの進入となりました。
スタートでは名誉を挽回すべく思い切って踏み込みましたが、惜しくも.01のスリットオーバー。
フライングのため返還欠場になりました。
2013/01/30 (Wed) 21:15:17 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競艇】江戸川競艇12R秋山直之選手が1周バック5番手から1着

シリーズ初日を迎えた本日の江戸川競艇「第58回GI関東地区選手権」の最終12Rドリームレーサー賞で、4号艇秋山直之選手が1周目バックの5番手から逆転して1着になりました。

1着 4号艇 秋山直之選手
2着 1号艇 石渡鉄兵選手
3着 3号艇 山田哲也選手
4着 6号艇 中野次郎選手
5着 2号艇 熊谷直樹選手
6着 5号艇 毒島誠選手

強豪ひしめき合うGIレースの初日のドリーム戦で、83期の秋山直之選手が脅威の追い上げを見せました。

出走表通りの6艇立てで行われた同レースでカド4コースからの進入となった4号艇秋山直之選手は、スタートでやや後手を踏み1周目のバックでは5番手となります。
しかし、2周1マークの好旋回から2周目バックで2番手争いの一角に急浮上すると、続く2周2マークで粘る3号艇山田哲也選手を振り切って単独2番手になります。
そして、3周2マークでは前を行く1号艇石渡鉄兵選手が若干バタついた隙を逃さず、渾身の差しを入れて逆転。
大どんでん返しで1着になりました。
2013/01/29 (Tue) 20:44:19 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競馬】園田競馬4R5R下原理騎手 2戦連続スタート直後に落馬

兵庫県競馬の下原理騎手が、本日の園田競馬4Rと5Rにおいて2戦連続でスタート直後に落馬しました。

4R
1着 6番 ユウマイオー 大山真吾騎手
2着 10番 ホワイティペスカ 吉村智洋騎手
3着 8番 タケマルチケット 坂本和也騎手
----------------------------------------------
中止 7番 サンマリノハーバー 下原理騎手

5R
1着 2番 スナークデュラン 北野真弘騎手
2着 4番 プチパニック 鴨宮祥行騎手
3着 1番 アドマイヤブレーク 木村健騎手
---------------------------------------------
中止 10番 ベルヴィクトワール 下原理騎手

この日、開幕した平成24年度第20回園田競馬の第1日で、兵庫県競馬の下原理騎手が思わぬ災難に見舞われました。

2Rと3Rを連勝し騎乗機会2戦2勝としていた下原理騎手は、、この日、自身3鞍目となった4R3歳C2一に9頭立ての単勝1番人気に支持された7番サンマリノハーバーの鞍上としてレースに臨みました。
人気とともに騎乗機会3連勝にもファンの注目が集まりましたが、スタート直後に馬が前につんのめり落馬し、そのまま競走中止となってしまいました。
そして、続く5RC3一では、10頭立ての単勝3番人気に支持された10番ベルヴィクトワールの鞍上としてレースに臨みましたが、またもやスタート直後に馬が前につんのめり落馬してしまい競走中止。
2レース連続でスタート直後に落馬するアクシデントとなりました。
2013/01/29 (Tue) 20:18:48 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競艇】戸田競艇12R尼崎競艇12R優勝戦が2場とも456ボックス

本日の戸田競艇12Rと尼崎競艇12Rの優勝戦は、ともに456のボックスでの決着となりました。

戸田競艇12R
1着 4号艇 尾崎鉄也選手
2着 6号艇 佐藤翼選手
3着 5号艇 寳田亮治選手

4着 1号艇 岩谷真選手
5着 2号艇 加藤高史選手
6着 3号艇 加瀬智宏選手

尼崎競艇12R
1着 5号艇 安田政彦選手
2着 4号艇 水長照雄選手
3着 6号艇 橋本年光選手

4着 1号艇 吉川元浩選手
5着 2号艇 小野信樹選手
6着 3号艇 井上大輔選手

昼間開催が5場、ナイター開催が1場の計6場開催で行われたこの日の競艇開催。内2場が最終日となり優勝戦が行われましたが、ともに大波乱の結果となりました。

まず4日間シリーズの短期決戦で争われた戸田競艇の一般競走の最終日12R優勝戦は、カド4コースから1周1マークで捲くり差した4号艇尾崎鉄也選手が1着。2着に6号艇佐藤翼選手、3着に5号艇寳田亮治選手が入りました。
そして、6日間シリーズで争われた尼崎競艇「第11回報知ローズカップ争奪戦」最終日12R優勝戦では、カド受けの4コーススローから進入し道中2番手から逆転した5号艇安田政彦選手が1着。2着に4号艇水長照雄選手、3着に6号艇橋本年光選手に入りました。
この結果、この日、行われた優勝戦は2場ともに外枠勢3艇での決着となりました。
2013/01/28 (Mon) 21:25:02 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次ページ
スポンサード リンク