競馬!競輪!競艇!ギャンブル小ネタブログ 競の出来事


最新記事

2011年11月の記事

【競輪】宮崎裕一朗選手が松山裕一朗選手に改姓

75期の宮崎裕一朗選手が松山姓に改姓され、松山裕一朗選手となりました。
氏名変更の適用は2011年10月24日付。

滋賀のマーク屋として今期S級2班に格付けされている宮崎裕一朗選手。
補充での出走となった2011年10月21日福井競輪(FI)「被災地支援 朝倉義景賞」最終日7RS級一般までは、宮崎裕一朗選手としてレースに出走されていましたが、2011年10月31日富山競輪(FI)「東日本大震災被災地支援競輪」初日8RS級予選からは松山裕一朗選手としてレースに臨まれています。

なお、宮崎姓での最後のレースとなった10月21日の福井競輪7Rは8着、改姓後の松山姓での最初のレースとなった10月31日の富山競輪8Rは3着でした。
2011/11/30 (Wed) 20:10:57 | カテゴリー:競輪 | コメント(0) | page top

【競艇】大村競艇2R109期ラストで宮地佐季選手デビュー5着

本日の大村競艇2Rで、新人109期のアンカーとして宮地佐季選手がデビューし5着になりました。

1着 1号艇 三好一選手
2着 3号艇 小菅文隆選手
3着 5号艇 加藤奈月選手
4着 2号艇 向井美鈴選手
5着 6号艇 宮地佐季選手
6着 4号艇 仁科さやか選手

シリーズ初日を迎えた大村競艇「スポーツ報知杯」。
新人109期の中で1番最後のデビューとなった宮地佐季選手は、2R朝ガチ戦予選に登場しました。
レースでは、大外6コースから進入し.09の好スタートを決め、1周バックで3番手争いに持ち込みますが、道中競り負け5着に敗れました。

ルーキーの109期は男子選手22名、女子選手7名の計29名が選手登録。
11月3日に戸田競艇場でデビューした土屋幸宏選手を皮切りに続々とデビューしており、本日の宮地佐季選手で全選手がデビュー戦を終えたことになります。
2011/11/30 (Wed) 19:45:45 | カテゴリー:競艇 | コメント(0) | page top

【競馬】園田競馬11Rキューティガビー鼻が伸びて1着

本日の園田競馬11Rで、名実況がまたひとつ生まれました。

ダートの1700m戦で行われた園田競馬11Rカニソムリエ浜坂特別。
12頭立てとなった同レースは、単勝1番人気に支持された坂本和也騎手騎乗の7番キューティガビーが、最後の直線で外から追い込んで1着となったのですが、その実況がすごかったです。

最後の直線で、7番キューティガビーが外から徐々に差を詰め、ゴール前で逃げた5番ポアントゥブルボンを捕らえて交わした場面。

「5枠5番のポアントゥブルボンしぶとい」
「そして、これを追い上げる6枠7番キューティガビー」
「懸命に!馬体が合って!わずかにその鼻が伸びたぁーー!!!」

と、実況を担当した吉田勝彦アナウンサーの名言が炸裂しました。

なお、映像で確認する限り実際には鼻は伸びていないと思われます。
2011/11/29 (Tue) 20:32:39 | カテゴリー:競馬 | コメント(2) | page top

【競輪】静岡競輪11R明田春喜選手が記念初制覇

本日の静岡競輪11Rで、89期の明田春喜選手が記念競輪で初めて優勝されました。

1着 7番 明田春喜選手
2着 3番 小野大介選手
3着 1番 菊地圭尚選手
(4着以下省略)

開催最終日となった静岡競輪(GIII)「静岡競輪開設59周年記念 被災地支援 たちあおい賞争奪戦」。
11RS級決勝に勝ち上がった北海道の明田春喜選手は、北日本ライン4車の番手回りとなります。
レースは、その北日本ラインが残り1周のホームからカマシて先行。
最終周回2センター付近から番手の7番明田春喜選手が、捲くって来た5番紫原政文選手を牽制しつつ踏んで行き、最後の直線で抜け出して1着でゴールしました。

明田春喜選手は、これが記念初制覇。
通算では22回目の優勝でした。
2011/11/28 (Mon) 20:52:49 | カテゴリー:競輪 | コメント(2) | page top

【競馬】東京競馬10Rブエナビスタが単勝1番人気を逃す

本日の東京競馬10Rで、ブエナビスタが国内のレースで初めて単勝1番人気を逃しました。

単勝人気
1番人気 13番 デインドリーム
2番人気 2番 ブエナビスタ
3番人気 7番 ペルーサ
4番人気 8番 ヴィクトワールピサ
5番人気 15番 エイシンフラッシュ
(6番人気以下省略)

芝の2400m戦で争われた東京競馬10Rジャパンカップ(GI)。
GIレースで5勝を挙げているブエナビスタが登場し、16頭立ての単勝2番人気となりました。
同馬が日本国内で行われたレースで単勝1番人気を逃すのは、20戦目にしてこれが初めてとなりました。

なお、レースではこの鬱憤を晴らすがごとく素晴らしい走りを見せ1着でゴールし、GI6勝目を挙げました。
2011/11/27 (Sun) 23:27:21 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次ページ
スポンサード リンク