競馬!競輪!競艇!ギャンブル小ネタブログ 競の出来事


最新記事

カテゴリー:競馬

【競馬】高知競馬5Rビービーブレインが中1週で41キロ太る

本日の高知競馬5Rで1番ビービーブレインが中1週の出走で馬体重を41キロ増加させてレースに出走しました。

ダートの1300m戦で争われた高知競馬5R川エビのから揚げ特別C2-7。
1番ビービーブレインが見違える姿で登場しました。

2017年4月8日の高知競馬5Rハナモモ特別C2-6に511キロの馬体重で出走したビービーブレイン。
それから2週間が経った本日4月22日の高知競馬5Rに登場しました。
この日の馬体重は552キロ。
中1週でのレースとなりましたがなんと前走より41キロも増やしての出走となりました。

なおレースでは単勝1番人気に支持されたものの2着に敗れています。
2017/04/22 (Sat) 22:23:43 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競馬】新人騎手が「シンシン」に騎乗し初勝利

本日の大井競馬3Rは新人騎手の藤田凌騎手騎乗の8番シンシンが逃げて1着になりました。
鞍上の藤田騎手はこれがデビュー初勝利となりました。

昨日17日にデビューしたばかりの新人騎手の藤田凌騎手が新シンシンしました。

ダートの1200m戦で争われたこの日の大井競馬3Rは出馬表通りの14頭が出走。
藤田凌騎手騎乗の8番シンシンは単勝1番人気に支持されました。
レースはその8番シンシンががハナを切って先行。
ゴール前で同4番人気で櫻井光輔騎手騎乗の9番マルヨアマテルに詰め寄られましたが、そのまま逃げって1着でゴールしました。
鞍上の藤田凌騎手はデビュー2日目にして初勝利。
新人騎手がシンシンで結果を出しました。
2017/04/18 (Tue) 21:17:52 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競馬】渡瀬和幸騎手がTwitterに新しいアカウント開設

兵庫県競馬組合の渡瀬和幸騎手がTwitterに新しいアカウントを開設したようです。

渡瀬和幸@amano_Peslierr
https://twitter.com/amano_Peslierr

Twitterには2017年2月23日に登録。
前のアカウントが乗っ取られたため新しくアカウントを取得したようです。
開設から約3週間で「15」のつぶやきを投稿。
競馬に関することからプライベートなことまで様々話題をツイートしています。
これまでに80人以上のユーザーにフォローされています。
2017/03/16 (Thu) 21:28:46 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競馬】矢作芳人厩舎の公式ブログが終了

JRAの矢作芳人厩舎の公式ブログが更新を終了することがわかりました。
本日28日に同ブログで発表されました。

JRA栗東に所属する矢作芳人調教師が管理する矢作厩舎公式ブログ「よく稼ぎ、よく遊べ!」。
本日28日の午後4時ちょうどに「ブログ終了のお知らせ」のタイトルでブログを更新しました。
まず冒頭で「こんにちは、矢作です。今日は当ブログをご覧の皆様にお伝えしたいことがあります。」と神妙な面持ちで書き出し。
続けて「08年の11月にこのブログをスタートさせてから早いもので8年が経ちました。多くの方々にご愛読いただきブログという形でのファンサービスの使命は達成できたかと思っています。」とブログの始まりから現在のブログのポジションについて述べた後、「この度、厩舎として新たな道を探っていくために当ブログの更新を本日をもって発展的に解消することにしました。」とブログを本日2017年2月28日の更新を最後に終了することを発表しました。

矢作厩舎公式ブログ「よく稼ぎ、よく遊べ!」は2008年11月10日に開設。
出走予定馬やレースの結果などこれまでに1700以上の記事が投稿されました。
長年多数のファンに愛されたブログでしたが、約8年3ヶ月の歴史に幕を閉じることになりました。
2017/02/28 (Tue) 21:11:55 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top

【競馬】京都競馬6R「タイムキーパー」が「タイムオーバー」で出走制限

本日の京都競馬6Rに5枠8番で出走したタイムキーパーはタイムオーバーのため平成29年3月5日まで平地競走に出走できなくなりました。

芝の2,000m戦で争われたこの日の京都競馬6Rメイクデビュー京都。
晴れの舞台で競走馬のタイムキーパーがまさかの失態をおかしてしまいました。

出馬表通りの15頭立てで行われた同レースは松若風馬騎手騎乗で単勝4番人気に支持された15番レイトブルーマーがスタートから先頭に立ちそのまま逃げ切って1着となりました。
一方、中谷雄太騎手騎乗で同11番人気に支持された8番タイムキーパーは序盤は中団のいい位置でレースを進めますが、3コーナー付近から徐々に遅れ始めると、4コーナーを回ったところでは完全に最後方。
最後の直線では見る影もなく最下位の15着でゴールしました。
走破タイムの2分13秒9は勝ち馬から6秒9離された惨敗となりました。

この結果タイムキーパーという馬名にもかかわらずタイムをキープすることができず「タイムオーバーによる出走制限」のため平成29年3月5日まで平地競走に出走できなくなりました。
2017/02/05 (Sun) 21:02:48 | カテゴリー:競馬 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次ページ
スポンサード リンク